奥信濃きまぐれの宿~風のたより~     別称「絵手紙の宿」

私たちの都合とお客様のご要望日が合致した時だけ営業するきまぐれ宿。

夫婦共、高齢になり、そろそろ、手放すことを考えていましたが、7月末で飲食業の営業期限が切れるとの保健所からの連絡で7月30日検査を終了。不思議なことに、翌日の31日、富岡の絵手紙仲間からの予約が入り、31日久しぶりにオープン。500円の蕎麦ランチで家の中に絵手紙の風が吹き抜け家が生き返った。嬉しかった。絵手紙の友に感謝です。

9月3日絵手紙きまぐれ塾(お泊りも可)の参加者を募集中です。

次回は11月28日のオープン(宿泊も可)で今年の営業は終わりです。お待ちしています。

〒389-2412飯山市常郷1540

(大月)

 (☎080-5192-4669)


JR長野駅から飯山線で1時間。戸狩野沢温泉駅下車、車で2分、徒歩15分。日本有数の豪雪地帯。

しかし、どんな大雪でも家の前までは、東京から車で来れます。

夫の広島単身赴任中も、妻は1人で東京から来て大屋根の雪下ろし。妻は何事も楽しみながらやる性格。雪解け後は家の周辺で山菜採りに夢中。

春夏秋冬、1年中、楽しめる憩いの郷。絵手紙と山菜採りと、楽しい友との交流が元気の源。自然と絵手紙の友に感謝!

購入時、生まれていなかった孫4人。早いもので上の孫が大学3年生、下の孫娘が中一。

お隣のお婆ちゃんとは30年来のお付き合いだったが3年前亡くなった。

畑の作物は自由に採ってもOKの仲だった。私たちが飯山に来るのを楽しみに待っててくれた。田舎暮らし成功の秘訣は隣近所との良好な人間関係。     房総・長柄でもお隣のお爺ちゃん、お婆ちゃん(私と同年齢だけど)からも野菜やお米を頂いている。待っててくれる人が居る幸せです。


 

12年間続けた古今亭菊之丞師匠の落語独演会「きまぐれ寄席」、定例開催は打ち止めに。

その後、新しい企画、風のたより「絵手紙きまぐれ塾」を開催。

今回は9月3日(火)、だけ余裕がございます。

時間10時30分~16時。費用、当日分3000円、宿泊9500円

詳細はご予約の方にご連絡します。 連絡先:080-5192-4669(大月)


〇通常料金は1泊2食、お一人様7,500円。朝食のみ5,000円。

ご馳走は民芸品など懐かしい品々に囲まれた「楽しい会話」だけです。


〇家の前が千曲川。夏はカヌーで遊ぶ若い人たちの大きな叫び声で元気をもらってます。